研修施設について

小児血液・がん専門医研修施設の認定要件に関して

1. 小児血液・がん学会専門医研修施設新規申請について

2. 小児血液・がん学会専門医研修施設資格更新について

作成日:2015.01.08
更新日:2020.10.02

小児血液・がん専門医研修施設の認定要件に関して

専門医制度規則の中の付則12の緩和措置を新型コロナ感染拡大の影響を考慮して、2022年3月まで1年間延長いたします。

※参考
小児血液・がん専門医制度規則
付則12.(専門医研修施設の暫定認定要件)本規則施行日から10年間を目途に、規則第40条に定める専門医研修施設の要件の2項から4項については、以下をもって専門医研修施設の認定要件を満たすものとする。
1)小児がん認定外科医は小児外科専門医で可とする。また、常勤でなく、非常勤または診療協力施設でも可とする
2)日本医学放射線学会放射線診断専門医または放射線治療専門医は、常勤でなく、非常勤または診療協力施設でも可 とする。
3)日本病理学会病理専門医は、非常勤でも可とする。

1.小児血液・がん学会専門医研修施設新規申請について

  1. 申請方法
  2. 申請条件
  3. 申請手続き手順
  4. 申請受付期間
  5. 認定申請書送付
  6. 結果発表
  7. 問合せ先

日本小児血液・がん学会専門医制度規則に基づき、2020年度の専門医研修施設の新規認定を受付けます。 申請を希望する施設は、下記の手続きをしてください。
申請前に専門医制度規則専門医制度施行細則専門医研修施設認定申請のためのフローチャート専門医研修施設認定申請Q&Aを必ずご確認ください。
申請期間は、2020年4月1日(水)から4月30日(木)(消印有効)までです。

1.申請方法

下記の申請条件をよくお読みいただき、申請エントリーボタンから申請を行ってください。
登録完了後、pdf化される認定申請書(小児血液・がん専門医研修施設様式1)をプリントアウトし捺印をした上で、申請受付期間内に郵送してください(消印有効)
認定申請書(小児血液・がん専門医研修施設様式1)以外はpdf化されません。 その他の書類は郵送提出の必要はありません。
認定申請書(小児血液・がん専門医研修施設様式1)の郵送提出がない場合には申請は受け付けとなりません。 必ず提出してください。

※申請に関する連絡は、すべてE-mailで行います。
指導医、暫定指導医またはみなし指導医を研修責任者とし、必ず連絡の取れるE-mailアドレスを登録してください。
※申請登録完了後は、修正できません。 研修施設認定様式見本で申請項目を確認してから申請してください。
※申請期間中に、申請責任者の異動や施設名称の変更等があった場合は必ずご連絡ください。
※申請を行う際に「仮登録」を押すと、途中保存ができます。再度サイトからアクセスしていただくと、保存したデータを修正することができます。

2.申請条件

研修施設認定には以下の要件が必要です。

  1. 小児血液・がん指導医、暫定指導医またはみなし指導医が1名以上常勤で勤務していること。

  2. 小児がん認定外科医が常勤で勤務していること。 規則施行日から10年間は小児外科専門医で可とする。 また、非常勤または診療協力施設(*)での常勤でも可とする。 (規則施行日とは平成23年(2011年)4月1日です。)

  3. 放射線診断専門医または放射線治療専門医が常勤で勤務していること。 規則施行日から10年間は非常勤または診療協力施設(*)での常勤でも可とする。 放射線治療が自施設、または、診療協力施設(*)でできること。

  4. 病理専門医は常勤で勤務していること。規則施行日から10年間は非常勤でも可とする。

  5. 自科が公益財団法人日本骨髄バンク認定施設またはさい帯血バンク登録施設であること(**)。 診療協力施設がこの条件を満たすことでも可(*)。

  6. 直近の3年間に細則第22条に示す診療実績(初発診療例)があること。
    直近の3年間とは、2016年1月1日から2018年12月31日までの期間です。
    それ以前の診療実績や2019年1月1日から2020年4月30日までの期間の診療実績は算定されません。

    すでにお知らせしておりますように今回申請における 直近の3年間とは2016年1月1日から2018年12月31日の期間です。

    診療実績に示す初発症例は本学会の小児がん全数把握登録事業または小児血液疾患登録事業に登録されていること(必須)(***)。 移植症例については造血細胞移植登録一元管理プログラム(以下、TRUMP)に登録されていること。 移植症例については診療協力施設での登録でも可。

  7. 本学会が定める研修プログラム作成要項に基づいて研修プログラムが作成され公表されていること。 自施設で完結しない項目については、他の専門医研修認定施設と連携して補完し(****)、全ての研修プログラムを満たすこと。

  8. 院内倫理審査委員会が開催され、同委員会により承認された臨床試験に参加していること。

  9. 院内の関連部門が参加する小児がんカンファランスまたはこれに準じるものが定期的に開催され、会議録が保存されていること。

  10. 緩和ケアチームが活動していること。

  11. 以下に示す小児患者の療養環境が整えられていること。 ①保育士またはチャイルドライフスペシャリスト等の子ども療養支援担当者の配置、 ②院内学級または訪問教師による教育支援、 ③家族の長期滞在施設またはこれに準じる設備が利用できること。 (①②③は、いずれか一つ以上が満たされていればよい。)

    *:診療協力施設とは、自施設単独では患者の診療が行えない場合に、予め登録された診療協力施設と協力して診療を行う施設のことです。これには、自施設には常勤非常勤を問わず小児外科専門医が不在の場合・自施設には常勤非常勤を問わず放射線診断専門医および放射線治療専門医が不在の場合・自科が骨髄移植推進財団認定施設またはさい帯血バンク登録施設ではなく自科で同種移植診療ができない場合があたります。診療協力施設は、専門医研修施設であることを問いません。 しかし、診療協力施設の登録にあたっては、予め当該施設長の了解を得なければなりません。(当該施設長の了解を証明する書式は不要です。)

    **:自施設ではなく、自科が骨髄移植推進財団認定施設またはさい帯血バンク登録施設であることが必要です。 内科あるいは幹細胞移植科などと合同で登録されている場合には認められます。 その場合には合同で登録している旨のコメントを記載してください。

    ***:固形腫瘍は、本学会の「固形腫瘍登録システム」から登録を行ってください。 また、造血器腫瘍性疾患および非腫瘍性血液疾患は、本学会の「OSCR PTOSH」上の「日本小児血液・がん学会 新規疾患登録」で登録を行ってください。
    「申請エントリー」のweb申請の際の「診療実績登録」の「症例のID番号」欄には、固形腫瘍の場合には、日本小児血液・がん学会疾患登録 固形腫瘍の登録番号をお書きください。(C100101 など)
    また血液疾患の場合は、旧小児血液学会による小児血液腫瘍性疾患登録の学会登録番号(JPLSG登録コードは不可)(L100101)、または小児非腫瘍性血液疾患登録の学会登録番号(H100101など)、または新学会による登録番号である JSPHO 番号(11654 など)をお書きください。
    造血細胞移植例はTRUMP登録に基づく一元管理番号をお書き下さい。
    学会統合に伴い小児血液疾患登録を PTOSH に変更した時に、血液疾患の方は、H~と か L~という番号(H110120,L110011 など)の使用は終了いたしました。
    新しい日本小児血液・がん学会疾患登録では、これまでに登録されていた患者にも新たに JSPHO 番号として通し番号が付与されています。(10436、10525 など)
    一方、固形腫瘍疾患の登録はこれまでのように、C~番号が付与され、すでに登録済みの患者は以前の番号のままです。(C125102、C125110 など)
    したがいまして、今回の専門医研修施設認定申請で登録される診療実績の「症例のID番号」は、血液疾患では原則として新しい JSPHO 登録番号を使用してください。ただし暫くの間は古い H~や L~番号のどちらでも申請は可能です。
    固形腫瘍はこれまで通りのC~です。また、TRUMP の番号はこれまで通りです。

    ****:研修プログラムに規定する研修内容は、専門医認定申請の際に申請要件として認められるように配慮して規定をしてください。自施設で研修が行えない疾患の研修は、他施設で行えるように規定してください。この場合の他施設を研修連携施設と呼びます。その際、腫瘍性疾患については認定専門医研修施設で経験(診断および治療)した症例でなければ認められませんので、研修連携施設は認定専門医研修施設であることが必要です。しかし、非腫瘍性血液疾患あるいは造血幹細胞移植については、指導医(暫定指導医)のもとで経験した症例であれば施設(あるいは科)を問いませんので、研修連携施設(科)は認定専門医研修施設でなくても認められます。

※申請前に必ず専門医制度規則専門医制度施行細則専門医研修施設認定申請のためのフローチャート専門医研修施設認定申請Q&Aを確認してください。

3. 申請手続き手順

1)申請申込

「申請エントリーボタン」を押してください。
※申請にあたり費用はかかりません。

2)申請内容登録

画面のガイドに沿って入力し,申請内容を再度確認後「登録する」ボタンを押して登録してください。
登録完了後は,申請取消・修正ができませんので,事前に申請すべき内容について研修施設認定様式見本で確認してください。

3)認定申請書プリントアウト・提出

登録完了後、pdf化される認定申請書(小児血液・がん専門医研修施設様式1)をプリントアウトし捺印をした上で、申請受付期間内(消印有効)に郵送してください。
※施設公印もれにご注意下さい。
※web登録のみで認定申請書が郵送されないと,申請が無効となります。

認定申請書(小児血液・がん専門医研修施設様式1)以外の他の書類は郵送提出の必要はありません。
各施設で登録内容確認用にPDF化されたすべての登録内容のファイルを保存してください。

4)研修プログラムの提出

研修プログラムの作成は、研修プログラム作成要項と研修プログラム見本および研修プログラムQ&Aを参考にして行ってください。 自施設で完結しない項目については他の専門医研修認定施設と連携して補完する必要があるため、十分に相談をして申請をしてください。
研修プログラムの提出期限も4月30日23時59分までとします。提出はワードファイルで下記のメール宛にお送りください。
E-mail:senmoni_jspho@asas-mail.jp

5)審査

ご提出いただいた申請書類に不備がある場合は,研修責任者へE-mailで差戻し、再提出について連絡いたします。
E-mail記載の再提出期限内に提出していただけなかった場合は、申請は無効となりますので予めご了承ください。

6)認定期間

認定期間は2020年4月1日に遡って認定となります。追って認定証をお送りします。

4.申請受付期間

申請期間は、2020年4月1日から4月30日(消印有効)までです。
認定申請書の到着期限(消印有効)を厳守してください。

5.認定申請書送付

一般社団法人日本小児血液・がん学会専門医制度委員会
〒112-0012東京都文京区大塚5-3-13
小石川アーバン4F
一般社団法人学会支援機構内
Tel:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012
E-mail:senmoni_jspho@asas-mail.jp

日本郵便の「簡易書留」あるいは「レターパックプラス」で送ってください。
「レターパック ライト」では受け付けません。
その他の配送会社による配送は使用しないでください。受け付けません。

認定申請書の送付期間は、2020年4月1日から4月30日(消印有効)までです。
表書きに「専門医研修施設認定申請書在中」と朱書きで併記してください。
配達状況の追跡は、申請者にて行ってください。

6.審査結果通知と認定

審査終了後,審査結果を個別にお知らせいたします。
合格された施設は,2020年4月1日に遡って認定されます。

7.問合せ先

お問合せはE-mail(またはFAX)でお願いします。
所属施設名,氏名,会員番号を明記の上,お問合せください。

一般社団法人日本小児血液・がん学会専門医制度委員会
E-mail:senmoni_jspho@asas-mail.jp
FAX:03-5981-6012

〒112-0012東京都文京区大塚5-3-13
小石川アーバン4F
一般社団法人学会支援機構内
Tel:03-5981-6011

2.小児血液・がん学会専門医研修施設資格更新について

今回の資格更新対象は、2015年4月1日に資格認定を受けた研修施設です。
本年度資格更新を希望される場合は、以下の手順にてお手続きをお願い申し上げます。

手順

  1. 申請期間内に、以下の申請エントリーボタンより申請登録を行ってください。

    申請エントリー

    修正

    [ 申請期間 2020年2月1日(土) ~ 2月29日(土) ]

    ※申請に関する連絡は、すべてE-mailで行います。
    指導医、暫定指導医またはみなし指導医を研修責任者とし、必ず連絡の取れるE-mailアドレスを登録してください。
    ※申請期間中に、申請責任者の異動や施設名称の変更等があった場合は必ずご連絡ください。
    ※申請を行う際に「仮登録」を押すと、途中保存ができます。再度サイトからアクセスしていただくと、保存したデータを修正することができます。

  2. 登録完了後、pdf化される更新申請書をプリントアウトし捺印をした上で、申請期間内[ 2020年2月1日(土) ~ 2月29日(土)(消印有効)]に郵送してください。

    ※認定申請書(小児血液・がん専門医研修施設様式1)以外はpdf化されません。 その他の書類は郵送提出の必要はありません。
    ※施設公印もれにご注意下さい。
    ※web登録のみで認定申請書が郵送されないと,申請が無効となります。

  3. 研修プログラムの提出

    研修プログラムの作成は、研修プログラム作成要項と研修プログラム見本および研修プログラムQ&Aを参考にして行ってください。
    自施設で完結しない項目については他の専門医研修認定施設と連携して補完する必要があるため、十分に相談をして申請をしてください。
    研修プログラムの提出期限も2月28日23時59分までとします。提出はワードファイルで下記のメール宛にお送りください。
    E-mail:senmoni_jspho@asas-mail.jp

ご不明点ございましたら、施設名、氏名、会員番号を明記の上、下記E-mail(またはFAX)にてお問合せください。

【書類提出先・お問合せ先】
〒112-0012 東京都文京区大塚5-3-13 
ユニゾ小石川アーバン4F  一般社団法人学会支援機構内
一般社団法人 日本小児血液・がん学会 専門医制度委員会 宛
Tel:03-5981-6011 Fax:03-5981 -6012 E-mail:senmoni_jspho@asas-mail.jp

日本郵便の「簡易書留」あるいは「レターパックプラス」で送ってください。
「レターパック ライト」では受け付けません。
その他の配送会社による配送は使用しないでください。受け付けません。
配達状況の追跡は、申請者にて行ってください。
表書きに「専門医研修施設更新申請書在中」と朱書きで併記してください。