指導医申請について

作成日:2017.03.08

更新日:2020.03.04

小児血液・がん指導医」新規認定申請について

1.申請方法
2.申請条件
3.申請手続き手順
4.申請受付期間
5.審査結果通知と認定
6.問合せ先

日本小児血液・がん学会専門医制度規則に基づき、2020年度の小児血液・がん指導医の新規認定申請を受付けます。認定を希望する方は、下記の手続きをしてください。
申請前に日本小児血液・がん学会 専門医制度規則日本小児血液・がん学会専門医制度施行細則を必ずご確認ください。
申請期間は、2020年4月1日(水)から2020年4月30日(木)(消印有効)までです。


1.申請方法
下記の申請条件、および申請手続き手順をよくお読みいただき、小児血液・がん指導医申請書および必要な添付書類を、申請受付期間内に郵送してください。

※申請に関する連絡は、すべてE-mailで行います。
必ず連絡の取れるE-mailアドレスを登録してください。
※申請書類郵送後は、修正できません。小児血液・がん指導医様式見本で申請項目を確認してから申請してください。
※申請期間中に、申請者の異動等の変更があった場合は必ずご連絡ください。


2.申請条件
小児血液・がん指導医の認定には以下の要件が全て必要です。

1)申請時点において5年以上小児血液・がん専門医であること。
2)通算8年以上の本学会会員歴があり、10年以上の小児血液および小児がん臨床および研究の経験を有すること。
3)細則第14条に定める専門領域の学会発表、および論文があること。
4)学会年会費を完納していること。


3.申請手続き手順
1)小児血液・がん指導医認定申請書の準備
小児血液・がん指導医認定申請書をダウンロードし、必要事項を記入して下さい。
記載内容については、小児血液・がん指導医様式見本で確認してください。

2)小児血液・がん指導医認定申請書、および必要な添付書類提出
小児血液・がん指導医認定申請書、および必要な添付書類を申請受付期間内に郵送してください。申請に必要な書類は、以下の①-④の順に揃えて提出してください。
 ①小児血液・がん指導医認定申請書一式。
    □ 小児血液・がん指導医認定申請書
    □ 履歴書
    □ 推薦書(指導医または暫定指導医2名により署名された指導医推薦書)
    □ 学術業績リスト 学会発表
    □ 学術業績リスト 論文
 ②小児血液・がん専門医の認定証の写し。A4 サイズにしてください。
 ③学術業績リストに登録した直近の5年間に細則第6条に示す本学会が指定する学会での共同演者を含む発表5回分の抄録(演題名、演者、所属、学会名、開催年月日を含む)の写し。A4サイズにしてください。
 ④学術業績リストに登録した小児血液、小児がんの臨床または橋渡し研究に関連した筆頭論文5件分(総説も可とするが、学会抄録は含まない)の論文表紙(表題、著者、所属、要約を含む)の写し。A4 サイズにしてください。

3)認定申請必要添付書類送付先
日本小児血液・がん学会専門医制度委員会
〒112-0012東京都文京区大塚5-3-13
小石川アーバン4F
一般社団法人学会支援機構内
Tel:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012
E-mail:senmoni_jspho@asas-mail.jp

日本郵便の「簡易書留」あるいは「レターパックプラス」で送ってください。
「レターパック ライト」では受け付けません。
その他の配送会社による配送は使用しないでください。受け付けません。
表書きに「小児血液・がん指導医申請書在中」と朱書きで併記してください。
配達状況の追跡は、申請者にて行ってください。

再提出期限内に提出していただけなかった場合は、申請は無効となりますので予めご了承ください。


4.申請受付期間
申請期間は、2020年4月1日(水)から2020年4月30日(木)(消印有効)までです。
認定申請必要添付書類の提出期限を厳守してください。


5.審査結果通知と認定
専門医制度委員会は、専門医・指導医資格審査部会にて規則第23条、第24条の規定に基づいて申請者の書類審査を行い、その結果をもとに判定し指導医を理事会に推薦します。理事会は委員会により推薦された者に対し指導医として承認を与え、理事長は申請者に指導医認定証を交付します。
認定期間は、2020年4月1日に遡って認定されます。追って認定証をお送りします。


6.問合せ先
お問合せはE-mailでお願いします。
所属施設名、氏名、会員番号を明記の上、お問合せください。

日本小児血液・がん学会専門医制度委員会
E-mail:senmoni_jspho@asas-mail.jp
日本小児血液・がん学会事務局
〒112-0012東京都文京区大塚5-3-13
小石川アーバン4F
一般社団法人学会支援機構内
Tel:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012

暫定指導医からの「小児血液・がん指導医」新規認定申請について

暫定指導医の資格を有する専攻医は、「暫定指導医資格の免除規定」を選択して合格した場合は 自動的に小児血液・がん専門医および指導医になれますが、「通常の専門医申請(免除規定なし)」または 「血液専門医の免除規定」を利用して受験した場合は、合格しても自動的には小児血液・がん専門医指導医にはなれません (Q&A の Q39 もご参照下さい)。

暫定指導医資格を有する専攻医が「暫定指導医資格の免除規定」以外を選択した場合は、 小児血液・がん専門医試験に合格した後で、下に示す条件を揃えて改めて小児血液・がん指導医申請を行うことになります。 この際、認定料は免除されます。また、小児血液・がん指導医の認定は小児血液・がん専門医認定と同じ日時、 すなわち翌年度の4月1日付で小児血液・がん専門医および指導医になれます。

◇暫定指導医資格を有する専攻医が「血液専門医資格の免除規定」を選択して小児血液・がん専門医試験に合格した後に、 小児血液・がん指導医の申請をするのに必要な要件と追加提出書類

対照表および専門医制度施行細則第12-14 条もご参照下さい)

  1. 小児血液・がん暫定指導医であること
  2. 5 例の経験症例の追加(指導医認定に必要とされる経験症例は 20 例以上ですが、血液専門医の資格を有する免除規定を利用した場合の経験症例は 15 例であるため、追加 5 例が必要)
  3. 30 単位の研修単位の追加(指導医認定に必要とされる合計研修単位は 100 単位以上ですが、血液専門医の資格を有する免除規定を利用した場合の研修単位は 70 単位であるため、30 単位の追加が必要)
  4. 2 件の発表件数の追加(指導医認定に必要とされる発表件数は 5 件ですが、血液専門医の資格を有する免除規定を利用した場合の発表件数は 3 件であるため、2 件の追加が必要)

追加提出書類:

  1. 指導医認定申請書
  2. 小児血液・がん暫定指導医認定証の写し
  3. 5 例の経験症例一覧
  4. 30 単位の研修単位の追加出席記録(参加証の写しを添付)
  5. 2 件の発表件数の追加リスト(抄録の写しを添付)

指導医新規申請書(血液専門医免除規定用)(PDFWORD)

◇暫定指導医資格を有する専攻医が「免除規定」を利用せずに小児血液・がん専門医試験に合格した後に、 小児血液・がん指導医の申請をするのに必要な要件と追加提出書類

(https://jspho.jp/pdf/specialist/index/comparison.pdf および専門医制度施行細則第12-14 条もご参照下さい)

  1. 小児血液・がん暫定指導医であること
  2. 30 単位の研修単位の追加(指導医認定に必要とされる合計研修単位は 100 単位以上ですが、 免除規定のない通常の申請を行った場合の研修単位は 70 単位であるため、30 単位の追加が必要)
  3. 2 件の発表件数の追加(指導医認定に必要とされる発表件数は 5 件ですが、 免除規定のない通常の申請を行った場合の発表件数は 3 件であるため、2 件の追加が必要)

追加提出書類:

  1. 指導医認定申請書
  2. 小児血液・がん暫定指導医認定証の写し
  3. 30 単位の研修単位の追加出席記録(参加証の写しを添付)
  4. 2 件の発表件数の追加リスト(抄録の写しを添付)

指導医新規申請書(免除規定非利用者用)(PDFWORD)

「小児血液・がん指導医」更新申請について

◇更新申請書類

1. 更新申請時点において小児血液・がん専門医であること。
2. 細則第14条に定める専門領域の学会発表があること(注)。
3. 学会年会費を完納していること

注)専門医資格更新の際に直近の5年間における学会発表3件が必要とされているので、指導医申請を同時に行う場合は2件追加して下さい。
なお、指導医更新においては論文リスト 3件の提出は不要です(同時提出の専門医更新申請書に添付ください)。

提出書類:
1. 指導医資格更新申請書(様式)
2. 学術業績リスト(所定の様式) 2件の学会発表リスト (抄録の写しを添付)。

更新申請書類(PDFWORD)